<![CDATA[ダニエルブログ]]> http://www.daniel.co.jp/blog/ Thu, 21 Feb 2019 21:06:56 +0900 Thu, 21 Feb 2019 13:03:36 +0900 CMS Blue Monkey http://blogs.law.harvard.edu/tech/rss <![CDATA[平成31年3月21日祝日 工房見学会開催:  洋家具発祥の地:横浜(株)ダニエルで横浜クラシック家具の熟練職人の伝統技に触れる]]> http://www.daniel.co.jp/blog/2019/02/21/171 工房見学会申込み書 開催日:平成31年3月21日(祝日/木曜日)
13時集合 ※先着順となります


お申し込み書・詳細概要説明書 PDFダウンロードは下記より

2019.03.21 横浜工房見学会PDF.pdf


お問い合わせ

お電話から
045-311-4001 受付時間  9:30~17:00
メールフォームから





日本の洋家具発祥の地:横浜元町

横浜で始まった日本おける洋家具づくり。
明治維新の開国後、多くの外国人が日本にやってきました。その多くが横浜の港に訪れるのです。
当初彼らは船の中で生活をしていました。ただ、滞在期間が長くなるにつれてこの東洋の島国で生活の基盤を作ろうとする者達が現れます。
明治政府は、横浜の今の関内地区に居留地を設けました。
ところが、彼らの生活様式合う家や家財道具が当時の日本にはありませんでした。そこで、船づくりの職人や馬具鞍作りの職人達に、自分達が持ち込んだ西洋家具や西洋の調度品を見せ、見様見真似に作らたり、修復させることでその製造技術を手ほどきしました。
こうして生まれたのが家具が、横浜クラシック家具です。下の錦絵は、当時の家具作りの様子を表現しています。
船づくりに使用する道具を用いて椅子を製造している様子です。

その伝統を正統に受け継ぐダニエルの職人達

元町周辺には外国人向けの家具を製造する職人達が多くいました。ところが、関東大震災や戦災によってその多くが消失し、復興の過程で家具製造業から商売を替えたり、職人にならずにモノづくりから離れていく就業者達が多くいました。
そこで、ダニエルの創業者咲寿武道と三光家具の富沢市五郎氏により横浜家具の継承と技術者の育成の運動が起こります。
1950年咲寿武道は神奈川県需品家具工業組合理事長に就任。1972年。当時残っていた横浜家具製造業者や個人親方でやっていた家具職人達を集めて「横浜クラシック家具協業組合」を設立し、横浜家具の伝統技術と職人の育成を進めます。
後に、その製造部門が株式会社ダニエルの創業へつながるのです。

受け継がれた伝統技術を見る。横浜クラシック家具「ダニエル」の工場見学

実際に、ダニエルの職人達が伝統の横浜クラシック家具・横浜家具の職人技を用いて家具製造している現場を見ることができます。
得にダニエルの横浜工房では、家具の修理専門の「家具の病院」を開設しています。
これは、明治維新後の多く日本に来た外国人が日本の人に洋家具の技術を伝授するために行った修理と同じように、ダニエル製品以外の家具の修復技術が見られます。イタリア製、アメリカ製、フランス製、日本製・・・。それらの国でつくられる家具の違いや技術も見学会ではご覧いただけます。
写真は、イタリアソファの張替工程。いままで張られていた革を丁寧に解体し、剥がす。その後、新規の張地を基の張地を基準に裁断していく作業工程です。

職人の命 道具


横浜クラシック家具づくりの特徴の一つは鉋です。
明治維新間もない日本では、洋家具を製造するための道具などもちろんありませんでした。
そこで職人達は自分達の道具(大工は大工道具・馬具鞍は鞍造りの道具など)を用いて、洋家具の製造にあたります。
また、海外ではすでに家具作り用の機械も使われていました。そうした道具が無い横浜の職人達は、鉋を用いて椅子のフレームやネコ脚、箱モノ家具など、木を削りながら西洋のデザイン性のある曲線家具を製作していったのです。
ですから、ダニエルの職人達は多くの鉋を多用して家具作りをしています。
その一部を実際にご覧いただけます。 またその道具を用いた鉋削りの技ももちろん、目の前でご覧いただけます。

普段見られないソファの内部構造

ソファなどは張地を張られてしまうと、その内部の構造は見ることができません。
勿論掛け心地は座って確認いただけますが、最も大切なのは内部構造。ウレタンも安価なモノから上質な高級品までピンからキリです。
また、スプリングやウェビング。その座り心地を形成する土台も色々あります。その内材や構造によって家具の耐久性、本当の意味での座り心地が変わってきます。


ここでしか見ることができない素材や、掛け心地を体験

古い家具の修理時には、今では使われることがほとんど無くなった、馬毛や藁が内材として使われているのが確認できます。
ダニエルの「家具の病院」の修理では、今では海外から輸入して馬毛やシュロ(藁の変わり)を調達して修理、修復を行います。
また、新規製品の「クーガーハイバックソファ」や「クレアソファ」シリーズには、現在製造されているダニエル製品でありながら、馬毛やシュロ、ラテックスなどの天然素材を活かしたソファづくりがされています。
実際のそれらの素材を手にしていただき、製作されたソファなどに腰かけていただき、その座り心地を体験いただけます。

プロから一般の方までどのなたでも楽しめます

インテリアコーディネーターや設計士、家具販売の関係者から一般方まで、年間200名近い方々が工房に来社いただいています。
毎回製作しているモノも違うために、何度となく訪れるリピーターの方もいらっしゃるダニエル工房見学会。

1)横浜工房「椅子張りと家具の病院」をメインにした工場見学
2)伊勢原工房「木の天然乾燥から木の木取、組み立て、塗装、本物の家具作り」をメインにした工場見学 「ダニエル工場・伊勢原工房編はこちら」
上記2つの工房でそれぞれ異なる内容をご覧いただけます。

また、各百貨店やダニエルショールームなどでも出張実演を開催。 
定期的に開催される工房見学会と合わせて、熟練職人の技をご覧いただけます。



お問い合わせ

お電話から
045-311-4001 受付時間  9:30~17:00
メールフォームから
]]>
Thu, 21 Feb 2019 13:03:36 +0900
<![CDATA[元町チャーミングセール2019 開催 ]]> http://www.daniel.co.jp/blog/2019/02/21/170

半期に一度の横浜元町「チャーミングセール」 60年以上続く歴史ある横浜元町チャーミングセールが開催されます。


ダニエル元町本店では、オリジナルのダニエル家具を始め英国のアーコール、アメリカのスティックレー、レイジーボーイを特別価格んてご提供。
また、シモンズベッド、マル二木工(地中海シリーズ)、ブルージュ、冨士ファニチアなど国内外の選りすぐりブランドメーカーをお買い得価格で販売、企画品も多数ご用意しています。

プレSALE2月19日~24日 ※25日は定休日となります。

元町チャーミングセール2月26日~3月3日まで

元町チャーミングセール201902.jpg


動画CMはこちら



お問い合わせフォームからどうぞ。

お問い合わせ

お電話から
045-311-4001 受付時間  9:30~17:00
メールフォームから
]]>
Thu, 21 Feb 2019 12:54:25 +0900
<![CDATA[学校説明会 『家具の学校』 第16期生募集中]]> http://www.daniel.co.jp/blog/2019/01/31/169 ダニエル「家具の学校」学校説明会 ご案内
  • 開催日:平成31年2月9日(土),平成31年2月16日(土),平成31年2月23日(土) 
  • 時間 :13時から1時間半程度 
  • 場所 :横浜市西区岡野2-17-20 電話:045-311-4001 ※元町店ではございません
  • 申込用紙はこちら
    学校説明会申込書.pdf


    『第16期生募集中』
    詳しいお問い合わせは下記よりご連絡ください。

    お問い合わせ

    お電話から
    045-311-4001 受付時間  9:30~17:00
    メールフォームから

 



家具の製造とリペア技術を身に付け、家具の魅力を伝えられる人材を養成

ダニエルでは、昨今の資源枯渇の状況をふまえ、こだわりの家具に愛着を持って長く大切に使っていただくための「家具のリペア」が重要であると考えております。 「家具の学校」では、これまでに「家具の病院」を通して培われた技術やニーズを享受しております。
家具の製造やリペア技術だけではなく、永く使い続ける魅力を伝えることができる人材を養成しています。

先生は伝統の横浜クラシック家具の製造に従事する熟練職人達



モノづくりの精神から道具の基本的な使い方から学びます。
授業では、デザインや家具の歴史背景などの授業も。



ダニエルの家具の学校はただのモノづくりだけなく、デザイン(製図)や家具の歴史背景などの、モノづくりに必要な最低限のことを学ぶ授業も含まれます。
今までデッサンやデザインなどを学ぶ経験が無い方でも、自然と椅子やパースが掛ける様になるきっかけが分かります。

初級の終盤の授業では、横浜クラシック家具の伝統チェアである「ミッシェルチェア」を組み立、塗装、椅子張りの工程を自ら体験していただき、完成品をご自宅に持ち帰りご使用いただけます。


伝統の横浜家具を製作して持ち帰る

最初のモノづくり授業は、自分が使う道具を仕舞う『道具箱』


初めて使用するカンナや金槌など、道具の使い方を学びながら木の性質等を知ることができます。

終盤の授業では、ある程度加工された横浜クラシック家具のチェアを組み立て。自分の好みの色や、布地などを選定し、裁断、縫製、張り込の作業を行います。

好みによって同じチェアでも、出来栄えが変わってくるもの毎年楽しみの一つです。

授業は老若男女、素人の方を中心にセミプロの方まで幅広く参加されています。


『第16期生募集中』
詳しいお問い合わせは下記よりご連絡ください。

お問い合わせ

お電話から
045-311-4001 受付時間  9:30~17:00
メールフォームから


普段の「家具の学校」の授業の様子やイベント情報はこちら ※別サイトに飛びます
ダニエル「家具の学校」ブログ



ダニエル「家具の学校」学校説明会 ご案内


  • 開催日:平成31年2月9日(土),平成31年2月16日(土),平成31年2月23日 
  • 時間 :13時から1時間半程度 
  • 場所 :横浜市西区岡野2-17-20 電話:045-311-4001 ※元町店ではございません
  • 申込用紙はこちら
    学校説明会申込書.pdf


    『第16期生募集中』
    詳しいお問い合わせは下記よりご連絡ください。

    お問い合わせ

    お電話から
    045-311-4001 受付時間  9:30~17:00
    メールフォームから



]]>
Thu, 31 Jan 2019 18:09:09 +0900
<![CDATA[タイムレスな一品 チェスターフィールドソファ]]> http://www.daniel.co.jp/blog/2019/01/29/168 あらゆるシーンに対応するチェスターフィールドソファの紹介

チェスターフィールドソファとは

チェスターフィールドソファは、ソファのデザインのなかで最も人気と知名度が高いもののひとつとされています。
しかし、オリジナルについて語る場合、チェスターフィールドソファの正しい定義は「丸まった肘掛けが背もたれと同じ高さの大きなソファ」と称されます。典型的なチェスターフィールドは濃い色のレザーで覆われ、全体的にタフティング加工が施され、ネールヘッドが打ち込まれているモノが多いようです。
モダンにアレンジされたソファにはベルベットやその他の素材が布張りされ、脚が長く、背もたれと肘掛けがスリムになり、より軽快な印象を与えます。
クッションにはポケットコイル、その下の支えにもコイルスプリングを施したダブルスプリングで、最高のそして身体に優しい座り心地をご提供しています。
ダニエルの定番チェスターフィールドスタイルソファは「エンペラー」シリーズです。

「エンペラー」ソファシリーズ

ダニエルの数あるソファシリーズの中のでもあえて、「皇帝」の意味を込めて命名されました。

エンペラー2.5人掛け

チェスターフィールドの伝統と「エンペラー」シリーズ

コイルばねが1800年代半ばに発明され、椅子の座り心地は格段に向上しました。そして、チェスターフィールドソファは豪奢な室内に合わせて、革張りまたは高級感のあるベルベットで布張りされていることが多く、こうした背景があって、贅沢で座り心地の良いソファの代名詞となりました。
その後チェスターフィールドソファは、貴族クラブの定番的存在となったのだ。そしてその万能性と高級感が評価され、流行しました。
それから200年経ち、チェスターフィールドソファは真のタイムレスでクラシックなソファとなりました。
高級感のある革張りであろうと、柄入りの布で覆われていても、このデザインにはさまざまなアレンジが加わり続け、多くの空間にもマッチすることを、身をもって実証されています。伝統的、またはクラシックなデザインをモダンにアレンジしたスタイルをダニエル「エンペラー」シリーズで可能にしています。

伝統的な技法で製作される・ダニエルの「エンペラー」シリーズ1



伝統的な技法で製作される・ダニエルの「エンペラー」シリーズ2




カスタマイズ・オーダーメイド

仕様やデザイン、使い勝手に合わせて、サイズや組み合わせを自由にできるモジュラータイプ。
もちろん、座り心地のシートの硬さも選びがいただけます。張地の選択は、国内外の布地はもちろん、本革も豊富に取り揃え、脚部の色や高さまでこだわれる、世界に一つだけのこだわりのソファをお作りいただけます。


使い勝手に合わせてカスタマイズ


お部屋のサイズ、使い勝手などライフスタイルに合わせたセレクトで使いやすいシリーズです。



納品事例

チェスターフィールド「エンペラー」シリーズ (2).jpg


こだわりを持って、デザインやサイズ、仕様の他、掛け心地、木部の色や張地を選んで作ることであなただけの、ご家族だけの、世界に一つしかいないソファが出来上がります。
ご相談は各ショールーム、お問い合わせフォームからどうぞ。

お問い合わせ

お電話から
045-311-4001 受付時間  9:30~17:00
メールフォームから
]]>
Tue, 29 Jan 2019 01:17:00 +0900
<![CDATA[ハギ割れた椅子直りますよ! 「家具の病院」 対策もご紹介]]> http://www.daniel.co.jp/blog/2019/01/29/167 1)椅子のハギ割れ修理
椅子の座面が乾燥によって割れたしまった椅子

椅子ハギ割れ修理 (2).jpg

一枚に見える座面の板ですが、実は何枚かの板を合わせて(ハギ合わせて)一枚の板座面を製作しています。
そのつなぎ目が、乾燥によって木痩せが生じ、接着面が剥がれてしまう現象が起こります。特に、秋口から冬場は乾燥が一段と厳しくなり、この様な状況や、テーブルの割れ、椅子のぐらつき等の症状が出やすくなります。

2.熟練の職人が経験を活かして修理まします

椅子ハギ割れ修理 (5).jpg

できるだけ綺麗に復元するために、断面を丁寧に、そして綺麗についていた接着材を取り除き修復していきます。
接着材を良くなじませた後は、ハタガネと言う、両サイドから締め付ける金具で絞めつけます。
椅子ハギ割れ修理 (4).jpg

 

3.いよいよ完成

一日接着面を乾燥させて接合したのちに、接着断面を整え、簡易塗装を施して修理の完了を迎えます。
ハギ割れ修理 (8).jpg

ハギ割れ修理 (6).jpg

完全に割れてしまっていた椅子が綺麗に修復されました

乾燥から家具を守るには

1.方法としては加湿器です。
室内の湿度を上げて乾燥を防ぐ事を心がけましょう。
2.エアコンやストーブ等の側に置かない、ダイニングチェア等はローテンションして場所をこまめに変える
などして、ケアを心がけると変わると思います。
また、もし症状が出たら自らボンドなど使用せずに、専門家に連絡してください。
修理をする際に、ボンドが着いていると、まずは接合部に着いているそれを綺麗にはがす作業と手間が増えてしまいます。

TVでも紹介されました


テレビ朝日NEWSより

 

家具の修理は「家具の病院」へ

今回は張替修理でした。
ダニエルの職人集団は、木部修理、塗装修理、張り修理の大きく3部門の専門特化した職人が従事しております。
各部門が総合的に修理・修復することで、大切な家財を最良の状態に最高の技術を伝統的な技で対応いたします。
どのような事でもまずはご相談ください。 見積もり相談全て無料です。
簡単見積り.gif

お問い合わせ

お電話から
045-311-4001 受付時間  9:30~17:00
メールフォームから
]]>
Tue, 29 Jan 2019 00:21:08 +0900
<![CDATA[家具の修理は「家具の病院」へ]]> http://www.daniel.co.jp/blog/2019/01/22/166 ダニエル家具の病院とは 横浜元町は、日本における洋家具発祥の地とされています。
1863年、英国人が横浜の馬具鞍作りの職人に椅子張りの修復をさせたところから、日本における洋家具が始まったとされています。その伝統技術は「横浜家具/横浜クラシック家具」と呼ばれ、現在も株式会社ダニエルの熟練職人達に正統に受け継がれています。
made in Japanにこだわったオリジナルの「ダニエル家具」やオーダーメイド家具と、選りすぐった海外の輸入家具を取り扱う専門店として横浜元町で営業する一方で、家具修理専門部門として開設されたのが「家具の病院」。


家具修理のスペシャリストが対応

家具の病院は、熟練の職人が自社商品のみでなく他社商品、海外商品、和家具、アンティークなど、あらゆる家具の修理に応じています。
修理を治療になぞらえた診療科目は問診科(見積り)、皮膚科(張替)、外科(木部)、美容整形外科(塗装)などすべての分野に対応し、その道のスペシャリストが丁寧な手仕事で修理を行います。更に修理のみならず、椅子の座り心地などの細かなリクエストにも応えられるのが特徴です。

修理の見積もり・相談は全て無料 家具の知識が豊富なスタッフが対応します。
病院・鈴木.jpg

椅子張り職人は国家資格保持者 1級椅子張り技能士が対応します

病院・吉田.jpg

木部の修理修復、グラ直しは国家資格保持者 1級木工技能士が対応します

病院・天野.jpg

塗装修理、修復は国家資格保持者 1級塗装技能士が対応します

病院・有福.jpg


まずはご相談ください
病院・みんな.jpg


家具の修理は「家具の病院」へ

ダニエルの職人集団は、木部修理、塗装修理、張り修理の大きく3部門の専門特化した職人が従事しております。
各部門が総合的に修理・修復することで、大切な家財を最良の状態に最高の技術を伝統的な技で対応いたします。
どのような事でもまずはご相談ください。 見積もり相談全て無料です。

お問い合わせ

お電話から
045-311-4001 受付時間  9:30~17:00
メールフォームから
]]>
Tue, 22 Jan 2019 00:33:43 +0900
<![CDATA[have a Yokohama]]> http://www.daniel.co.jp/blog/2019/01/20/165 have a Yokohama 横浜出身のアーティスト、吉水卓氏が描く缶に、後世にのこしたい横浜のヒト・モノ・コトをつめてHOZONするアートプロジェクトに弊社も選ばれました。
横浜駅西口の建設中の現場の仮囲いにて展示中

 

横浜駅西口


現在横浜駅では2020年の開業を目指し、横浜駅西口開発ビル新築工事を進めています。
工事仮囲いフェンスを活用した、横浜市の地域情報を継続的に発信する取り組みが「have a Yokohama」として展開しています。

今回は横浜の選りすぐりの店や事柄が缶SOUPのラベルに装い、彩っています。

ダニエルもその1つに選出

ダニエル缶.jpg
イラスト:吉水卓 


インスタポイントしても魅力的

横浜駅 壁面イラスト2.jpg

元町の本店の「赤い大きな椅子」も元町ショッピングストリートの撮影ポイントですが、横浜駅西口のポイントしても注目したいです。



ご相談は各ショールーム、お問い合わせフォームからどうぞ。

お問い合わせ

お電話から
045-311-4001 受付時間  9:30~17:00
メールフォームから
]]>
Sun, 20 Jan 2019 01:17:16 +0900
<![CDATA[オゾンインテリアフェスタ]]> http://www.daniel.co.jp/blog/2019/01/06/164 新宿パークタワーオゾンで開催中のインテリアフェスタ

会期:2019年1/4(金)~1/15(火) ※1/9(水)休館

※イベントにより、開催日・時間は異なります。

 

年初めのリビングデザインセンターOZONEは、「HAPPY NEW INTERIOR」をテーマに、インテリアセールやワークショップ、住まいづくりのセミナーや相談会など、暮らしを豊かにするコンテンツが盛りだくさん。ほかにも館内各所のポイントを楽しく巡るスタンプラリーも開催します。

2019年のスタートは、あなたらしい快適な住まいづくりから始めませんか?

 ダニエル東京からは・・・

オリジナル横浜家具の名作から、限定アイテムを特別価格に
英国のアーコール社の家具からは、サンプル輸入品などを中止に30%OOFF等

お問い合わせ先


詳しくはダニエル東京ショールームへ
電話03-5322-6535(水曜日定休)
]]>
Sun, 06 Jan 2019 16:12:49 +0900
<![CDATA[ミッションスタイル Stickley 最新カタログ]]> http://www.daniel.co.jp/blog/2019/01/03/163 ミッションスタイル・STCIKLEY(スティックレー)家具
アメリカのアーツ&クラフツの祖、グスタフ・スティックレーが創業したStickley社(スティックレー)。
直線的なデザインと木の素材感を活かしたデザインは、普遍的で美の美しさが高く評価されています。


大谷石やレンガなどの自然素材とモノと非常に相性が良いのも特徴です。



2019年最新カタログはこちら『スティックレーWEBカタログ』はこちら

デジタルカタログはこちら


<<納品事例>>

このミッションスタイルという確立されたデザインに影響を与えた人物としては建築家
フランクロイドライトやマッキントッシュがあげられます。特に、フランクロイドライトは
影響を強く受け、建築物、家具やライト(照明器具)にもそのデザインは影響しています。


照明器具やラグもミッションスタイルに合わせて、トータルコーディネートがいただけます。



張地も革張り、布張りのバリエーションも豊富に取り揃えいます。


ダイニングルーム、リビングルーム、エントランスはもちろん、ベッドルームまで全ての部屋でトータル
コーディネートができ、統一感のある生活がご提供いただけます。


ダニエルでは、アメリカのスティックレー社の日本総代理店として、その魅力をお伝えする共に、
サイズ変更や使い勝手、納期などのご要望にお応えするために、自社工場でミッションスタイルを製作。
お部屋やご希望に合わせてデザインから製作まで、各ショールームにて対応しております。




ご相談は各ショールーム、お問い合わせフォームからどうぞ。

お問い合わせ

お電話から
045-311-4001 受付時間  9:30~17:00
メールフォームから



ミッションスタイル・スティックレー家具についてはWEBにてごらんいただけます。
www.mission-style-jp.com

 

]]>
Thu, 03 Jan 2019 13:36:27 +0900
<![CDATA[謹賀新年]]> http://www.daniel.co.jp/blog/2019/01/02/162 年始のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。

旧年中は格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。
本年も社員一同、より一層の製品開発、サービス向上を目指し、誠心誠意努力させていただく所存でございます。

今後ともご指導ご鞭撻のほど、どうぞ宜しくお願い申し上げます。
末筆ながら皆さまのご健康とご多幸を心よりお祈りし、新年のご挨拶とさせていただきます。

 

NEWS
昨年末取り扱いercol社の「VON」シリーズがデザインアワードを受賞いたしました。
1月には入荷2月から本格的に展開開始となります。

<詳しくはこちら>http://www.daniel.co.jp/blog/2018/12/21/159

 


株式会社ダニエル DANIEL Co.,Ltd.
横浜市中区元町3ー126 本社
横浜市西区岡野2-17-20 ダニエル事業本部
]]>
Wed, 02 Jan 2019 14:41:52 +0900